万座温泉スキー場

2008年2月9日 セントレジャー舞子スキーリゾート

2月の3連休の初日に塩沢石打のセントレジャー舞子スキーリゾートに行ってきました。
某インターネットサイトのプレゼントでチケットが当たったので行ったのですが、最初何処のスキー場か分かりませんでした。旧:舞子後楽園スキー場のことだったのですね。(その前の名前は、石打後楽園スキー場でしたね。)
このスキー場は、石打後楽園スキー場時代、舞子後楽園スキー場時代を含めて行った事がありませんでしたので、はじめてになります。

朝、6時前に家を出て関越道には駒寄スマートICから乗りました。駒寄PAは練馬ICから98kmで、ETCの夜間早朝割引を利用するための車の出入りがあるので、注意が必要ですね。
関越道は3連休の初日だったので、沼田ICの出口で渋滞するかと思っていたのですが順調に行くことができました。(駒寄PAからの話です。前橋IC−駒寄PA間は渋滞が発生していたようです。)
また、路面は群馬県内はウエットのところはありましたが、凍結しているところや雪がるところはほとんどありませんでした。新潟県内の速度規制が出ていましたが、特に問題なかったです。高速道から一般道に降りた後は少し凍っていたので、ノーマルタイヤでは厳しかったかもしれません。

塩沢石打ICからセントレジャー舞子スキーリゾートの日帰りスキーセンターまでは、2kmですからすぐですね。駐車場も思ったほど混んではいませんでした。着いた時の天気は晴れです。駐車場は土曜日、年末年始、3連休の中日のみ1000円ですね。

リフト券を購入(交換)した後、8時過ぎに滑り始めました。
午前中は、スキーセンターそばのリフトで少し滑ってから、ゴンドラに乗って奥添地ボウルを中心に滑りました。リフト、11時頃にもゴンドラに乗りましたが待ちは10分くらいでした。晴れていましたが気温が低かったので雪質もなかなかで、快適にすべることができました。
セントレジャー舞子スキーリゾートコース幅もあって、雪も豊富なゲレンデでした。

セントレジャー舞子スキーリゾート最近では少なくなったコブ斜面もありました。

昼食は奥添地ボウルに途中にあるスカイドームレストランの1階で食べました。私は豚しょうが丼を食べました。味はゲレ食としては美味しかったのではないでしょうか。

3連休の初日だったためか、午後になってもお客さんの数が減ることはありませんでしたが、舞子ゲレンデに行って色々なコースを楽しみました。午後になって風が吹いてきたのでゴンドラが止まったりしていたためか、リフトは午前中より混んでいて、待ち時間は最大で10分くらいでだったでしょうか。
セントレジャー舞子スキーリゾート娘曰く『“えんぴつ”みたい』な建物(ホテル)
(建物が傾いて見えるのは私の撮影技術の問題です。)

ここのスキー場は長峰バレイと舞子ゲレンデの間の移動をリフトで行うので、行き帰り用の連絡リフトがあるのが珍しいですね。
セントレジャー舞子スキーリゾート温泉もあるスキーセンターハウス

15時頃にスキーを片付けスキーセンターの4階にあるスパ舞子温泉に入ってから帰りました。温泉はスキー場と比べると空いていました。
セントレジャー舞子スキーリゾートスキーセンターハウス内にある温泉「スパ舞子」
「スパビーバードーム」ともいうそうです。

帰りの関越道は路面は新潟県内はウエット&ドライで、関越トンネルを越えて群馬県内は雪で、沼田ICの手前から赤城ICまで断続的な渋滞でした。(灯台のように定期的にブレーキを踏む車の後ろになったので大変でした。)
渋滞を抜けた後も、雪が降っていたので、速度規制が出ていたので無理をせずゆっくり帰りました。


冬の山


相互リンク


リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.