万座温泉スキー場

2008年2月23日 スノーパーク尾瀬戸倉

スノーパーク尾瀬戸倉の行っている、第4土曜日、日曜日の子供リフト代の無料の特典、ジュニアデーを利用して尾瀬にあるスノーパーク尾瀬戸倉に行ってきました。
17,8年前に尾瀬岩鞍スキー場(現、ホワイトワールド尾瀬岩鞍)に行こうとして駐車場がいっぱいだったために、当時の尾瀬戸倉スキー場に一度行ったことはありますが、そのときの記憶がほとんどない(忘れてしまった)ので、実質的には初めてのスキー場です。)行き帰りの道が混んでいたのと、雪が降っていたのしか覚えていない。)
尾瀬戸倉は関越道沼田ICから国道120号、片品村鎌田から国道401号と群馬県内でも最も混雑してアクセスが大変なスキー場の一つです。

今回は渋滞を考え、6時頃に駒寄PA(スマートIC)から関越道に乗り、6時20分ころに沼田ICで降りる予定で行きました。予想通りこの時間だと沼田ICまでは混雑なしでした。
その後の国道120号、国道401号も問題なく順調に行けました。

スキー場についたのは7時半ころで天気は晴れでした。
スノーパーク尾瀬戸倉午前中は晴れて気持ちよいスキーができました。

少し休憩してから、大人の分のリフト券を買って、リフトの運転開始から滑り始めました。実質的にはじめてのスキー場なので下のリフトから色々なコースを確認する感じで一回りしてみました。
滑った感じとしては雪質もいいし、コースも広く安全に滑れると思いました。スノーボーダーが多いですが、こんな奥のスキー場に来るほどですので、マナーもよく、みんな上手なので全然問題ありません。
ここのリフトは長いものは高速になっているので、「リフトに乗っている時間が長いし、寒いし…」といったことはなさそうです。
しかも、このスキー場は国道401号の一番奥で途中にかたしな高原スキー場、ホワイトワールド尾瀬岩鞍があるので週末で、子供リフト代無料でしたが空いていてリフト待ちは長くて1分ほどでした。
ハーフパイプやキッカーばかりを滑っている人も多かったので、ゲレンデも空いていました。
スノーパーク尾瀬戸倉豊富なキッカー

スノーパーク尾瀬戸倉午前中は晴れていたので尾瀬の方の山も見えました。

20本ほどリフトに乗って12時頃に昼食を尾瀬高原ホテルの1階のレストランで食べました。セルフサービスで、味は平均的なゲレ食でしたが、料金は安かったです。
1時間ほど休んで外に出ると、そこは猛吹雪でした。風も強く雪もすごいので、リフトが止まる危険と、滑っていての事故の恐れがあるので、午後滑るのはやめして上がりました。

帰りは尾瀬戸倉温泉の旅館街にある日帰り温泉施設の尾瀬温泉センターに寄って帰りました。シンプルな造りの施設ですがお湯はなかなかよかったです。
帰り道は時間は早かったのですが、どのスキー場も吹雪いたためか沼田ICの手前で少しのろのろになりました。

午後が吹雪きだったので午前中しか滑っていませんが、スキー場は空いていたし、雪質もまあまで楽しくすべることができました。また、コースも多彩で初心者から上級者まで楽しめることができるのではないでしょうか。ただ、アクセスが大変なので次に行くことがあるかはなんともいえません。


冬の山


相互リンク


リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.