万座温泉スキー場

2009年1月12日 スノーパル オグナほたか

連休にスノーパル オグナほたかに行ってきました。15年ほど前に武尊方面のスキー場には1度行った記憶があるのですが、それが「武尊牧場スキー場」、「スノーパル オグナほたか」(旧 武尊スキー場)、「武尊オリンピアスキー場」(廃業)のどこか忘れていましたが、今回、行ってそれはスノーパル オグナほたか(旧 武尊スキー場)だったようです。(駐車場が遠くて朝はシャトルバス、帰りは滑って戻った記憶があるので間違いないと思います。)

スノーパル オグナほたかは道路が混雑する関越道 沼田ICを利用するスキー場ですので、6時半前に駒寄PA(スマートIC)から関越道に乗り、7時前に沼田ICで降りるペースで行きました。沼田IC、国道120号共にまったく混雑はなく、7時半過ぎにスキー場に着きました。道順は沼田ICを出てすぐに川場方面に曲がる平川-沼田線を通るルートもありますが、道路状況がよく分からないのと、時間が早かったので、国道120号を平川交差点まで行くルートにしました。道路状況は前日に少し雪が降ったようですが、国道120号は椎坂峠もほとんど凍結はありませんでした。平川-沼田線に入ると雪道で、スキー場の手前ではスキー場の職員が道路に滑り止めの砂をまいていました。
スキー場に到着した時間が早かったので、第2駐車場でした。第1駐車場だとゲレンデがすぐですし、第4, 5駐車場だとシャトルバスがあるので第2駐車場はちょっと不便ですね。それでも、ゲレンデまで歩いて3分ほどです。
スノーパル オグナほたかスノーパル オグナほたかのスキーハウス

スノーパル オグナほたか朝は晴れていました。

スノーパル オグナほたか一日、こんな天気だと思ったのですが…。

準備をして今回もリフト券はファミリーパックを買って滑りました。1度滑ったことがありますがゲレンデの記憶がないので各コースを確認するように滑りました。初級コースも長いので滑り応えのあるスキー場ですね。
子供も中級コースなら問題なく滑れるので、3,500mのロングコースの“ほたかスカイウェイ”も滑りましたが、長すぎてちょっと不評でした。(1,500mの“ロマンスコース”は好評だったので、我が家で楽しめるのは2,000mまででしょうか。)
天気はスキー場についてきたときは晴れていましたが、11時前から雪が降り出し、途中から少し吹雪でした。ゲレンデの整備状態、雪質もよく(このスキー場はすべて自然雪です。)、3連休なので混みそうですが、リフトは常に待ちなしで、ゲレンデは空いていていました。
スノーパル オグナほたかほたかスカイウェイ

スノーパル オグナほたか雪が降る直前です。

スノーパル オグナほたかロマンスコース
ゲレンデは空いていました。

午前中は8本ほど滑って、昼食はベースにあるレストラン『CAFEめし屋ごはんじょう』を利用しました。レストランに入ったのは12時を過ぎていましたが空いていました。ラーメンを食べましたが、味はまあまあでした。
スノーパル オグナほたか昼食に利用した『CAFEめし屋ごはんじょう』

レストランが空いていたのでゆっくり13時まで休憩し、午後も初級コースと中級コースを5本ほど滑りました。3連休の最後で帰りの道路が混みそうですし、翌日から仕事&学校もあるので、あまり遅くまではいられません。
大人が片づけをしている間に、子供たちはスノーエスカレーターでチュービングをしました。

帰りのルートは少し悩みましたが、少しでも空いているルートという事で平川-沼田線にチャレンジしてみました。かなりの覚悟をしていたのですが、すごく凍結していて前を走っていたFF車はスピンしていました。車間距離をとっていてよかったです。(昼間でこの状態なので、朝はかなりの覚悟がいると思います。私ならちょっと選択できません。)

途中、平川-沼田線沿いの日帰り温泉川場温泉センター いこいの湯に入り温まってから帰りました。
川場温泉センター いこいの湯川場温泉センター いこいの湯
民家のような建物です。

平川-沼田線経由では、沼田ICまで混雑なしでした。関越道は前橋IC付近まで断続的な渋滞でした。


冬の山


相互リンク


リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.