万座温泉スキー場

2009年12月30日 湯沢中里スキー場

年末に初スキーとして新潟県の湯沢中里スキー場に行ってきました。
下の子供(小学生)が怪我をしてスキーはできないのですが、上の子供(中学生)が学校のスキー教室の前に一度はスキーをさせておきたかったのと、湯沢中里スキー場ならチュービングなどの子供向けの施設なら怪我をしていてもできるだろうということで行きました。

朝は少し遅い時間に家を出て、7時くらいにいつものように駒寄スマートICから関越道に乗りました。関越道は混雑なく順調に流れていて、関越トンネルの先も凍っているようなこともなく、8時過ぎに湯沢中里スキー場に着きました。

スキー場についたときの天気は曇で風はほとんどなく、特に寒い感じではなかったです。

子供が中学生になったのでチケットは大人3枚です。(割引きのあるカップル券を利用しました。)
午前中は私と子供で滑って、稼働していたリフトにすべて2度ずつ乗ってみました。スキー場の混雑度としては空いていてリフト待ちは全くありませんでした。
湯沢中里スキー場午前中は曇っていて、空いていました。

昼食はカップめんとおにぎりを無料休憩所の列車(ブルートレイン)で食べました。お座敷になっている車両はいつもだと混んでいるのですが、この日は空いていたので座敷で食べることができました。

午後は嫁さんと子供で滑り、私は怪我をしている子供と「わくわくファミリーランド」まで行って、スノーモービルでゴムボートを曳く『ジェットトレイン』に乗りました。(チュービングは雪が少なかったためかやっていなかった…。)
その後、スキー場の散歩をしてみました。スキー場周辺の道路には雪がほとんどなかったのですが、一か所だけ雪の積もった道がありました。
午後は晴れて気温が上がったので滑っていて暑かったそうです。私も歩いていて汗をかきました。
湯沢中里スキー場午後は晴れて気温も上がりました。

湯沢中里スキー場スキー場の周辺を少し歩いてみました。

16時過ぎにスキー場を出て、湯沢IC入口までの一般道も混雑はなく、関越道も渋川IC付近が渋滞とはなっていましたが、ノロノロ程度だったので順調に帰れました。

雪は少なくところどころ草や土の出ていることろもありましたが、空いていたのでゲレンデコンディションが悪くならず滑るには問題ないレベルでした。


冬の山


相互リンク


リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.