万座温泉スキー場

2010年3月22日 湯の丸スキー場

今シーズンの最後に長野県の湯の丸スキー場に行っていました。この日のスキー場はスキーの来シーズンモデルの試乗会をしていたようですが、会場が道路の反対側の第1リフトなので関係ないです。暖かい日が続いたのでゲレンデコンディションのみが心配でした。

朝は6時前に家を出て、関越道から上信越道で行きました。連休ですが最終日に日帰りで出かける人が少ないためか道路は空いていました。スキー場までの道路は昨夜雪が降ったようで残り4kmほどは凍っているところがありました。

スキー場に着いた時の天気は少し雲がありましたが、風も弱く日も差していました。それでも駐車場に着いたときの外気温は-8℃でした。

準備をしてからリフト券を購入して滑りました。ゲレンデの状態ですが、雪は豊富で、心配した雪質も朝の間はそれほどではなかったです。
湯の丸スキー場天気がよくあまり寒くなかったです。

リフトはいつもは混雑する第6リフト(フード付き、ペア)も待ちはなく、駐車場もいっぱいにはならず連休とは思えないほど空いていました。やはり、暖かくなったのが影響しているようです。
このスキー場はコースがそれほど長くなく、何本滑ってもあまり疲れないので、午前中だけで20本ほど滑りました。風がなく暖かかったためかゲレンデは昼前から一部ザラメ状態でした。
湯の丸スキー場第6リフトも空いていました。

湯の丸スキー場天気がよかったので遠くの山(アルプス)もよく見えました。

今回はお弁当を持っていき無料休憩所で食べました。いつもですと、無料休憩所も人が多いのですが、この日は人が少なかったです。

湯の丸スキー場はキッカーなどのパークを飛んでいる人が多いのですが、パトロールのウェアを着た人が1080(3回転)を飛んでいました。生で1080を見たのは初めてですがすごいですね。ゲレンデに喚声が上がっていました。
湯の丸スキー場キッカーを上手に飛ぶボーダー

湯の丸スキー場キッカーを上手に飛ぶスキーヤー

午後も20本ほど滑り、16時ころにスキーを終わりにしました。午後のゲレンデは全面ザラメ状で板を取られて転んでいる人も多く救助のスノーモービルが何度が出動していました。

帰りの路面は、一日晴れていたので凍結箇所もなく問題ありませんでした。
湯の丸の帰りはいつものようにアトリエ・ド・フロマージュによってチーズを買ってから、日帰り温泉ゆうふるtanakaに寄ってから帰りました。
ゆうふるtanakaゆうふるtanaka

帰りの上信越道は交通量が多く、吉井IC手前から藤岡JCTまで渋滞していて普段より時間がかかりました。


冬の山


相互リンク


サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.