万座温泉スキー場

2014年1月12日 奥利根スノーパーク

年末にスキーに行く予定でしたが、ペットの猫が病気になり、入院したりする騒ぎがあったため、今シーズンの最初のスキーは1月の連休の奥利根スノーパークです。
このスキー場は朝早くから営業をしていて、さらに毎日ナイターもありますが、そんなに滑る体力も気力もないのでゆっくり家を出て、早い時間に家に帰りました。

連休だったので関越道は混んでいました、ひどい渋滞にはあいませんでしたが、ノロノロになることもありました。
スキー場に着くと時間が遅かったためか駐車場は一番端でリフトまでは少し距離があるところでした。
当然、スキー場も人が多く、初級者コースは気をつけないといけないくらいでした。
奥利根スノーパーク駐車場は混んでいました。

ゲレンデの雪はあまり多くなく朝のうちから土の出ているところもあったり、晴れてい人が多かったから柔らかく緩んでいる箇所もあり、コンディション的にはそれほどいい感じではなかったです。
9時過ぎから滑り始めて、1時間半ほど滑って休憩しようとレストハウスに行くと既に満席で、食券を買う列もできていたので、空いた席を見つけて早めの昼食にしました。
レストハウスの食事は味はともかく少し量が多いですね。あと、従業員が少し不衛生かな…。
奥利根スノーパーク天気は最高でした。

奥利根スノーパークゲレンデはまあまあでした。

昼食の後は2時くらいまで滑って、休憩をしましたが、2時過ぎでもレストハウスは混んでいました。ゲレンデの人に比べてレストハウスの席が不足していますね。
休憩の後、3時半くらいまで滑ってから帰りました。途中、小荒井製菓に寄ってで生どら焼きを買いましたが、ここも混んでいました。
当然ですが、帰りの関越道も沼田ICの手前から断続的に渋滞でした。


冬の山


相互リンク


サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.