万座温泉スキー場

2014年12月27日 スノーパーク尾瀬戸倉

今シーズンの最初は某懸賞サイトでリフト券が当たったのでスノーパーク尾瀬戸倉に行ってきました。
今シーズンは雪が多いということなので雪不足の心配はしていませんでしたが、雪は非常に豊富だったです。

今回は子供の友達と一緒です。
今回は関越道の沼田ICを利用するスキー場ですので、渋滞を考え渋川ICから関越道に乗りましたが、インターチェンジ手前から雪が降り始め、赤城PAからチェーン規制のため渋滞していました。
その時、数字が同じナンバー自動車を2組見かけました。珍しいことと思ったのですが、そうでもないのかなぁ…。(“12-12”と“23”の人、同じナンバーがすぐそばにいましたよ。)
関越道を沼田ICを降りると、そこからはずっと雪道でしたが、椎坂峠がトンネルになっていたので、それほど大変でもなかったです。
スキー場の駐車場は3割くらいで休日としてはすいている感じでした。(実際に子供の団体は多かったのですが、リフト待ちはほとんどなくすいていました。)
スノーパーク尾瀬戸倉朝のゲレンデ
曇っていて寒そうですね。

天気は、小雪でゲレンデ上部はずっと雪が降っていましたが、日差しもありそれほど寒くはなかったです。
子供たちは勝手に滑らせることにして、自分は一人で滑り、第3高速ペアリフトを中心に滑りました。
ゲレンデは硬くも柔らかくもなくよく整備されていたので滑りやすかったです。
今シーズンはまだ早いからなのかキッカーなどのパークはまだ少なかったです。これからなんだろうなぁ…
スノーパーク尾瀬戸倉昼食後
晴れていましたが、ゲレンデ上部は少し雪が降っていました。

スノーパーク尾瀬戸倉ゲレンデ最上部から
ゲレンデはすいていますね。

午前中だけで15本ほど滑り、12時少し前に尾瀬高原ホテルのレストランに行くと、まだ席が空いていたのでラッキーと思っていたのですが、子供たちが来た12時を過ぎる頃には空いたさら席が増えていたので、すいていただけでしたね。
午後も第3高速ペアリフトを中心に一人で10本ほど滑りました。シーズン最初のスキーでたくさん滑ったので後半はヘロヘロでした。
子供たちは営業時間の最後まで滑っていたので、スキー場を出たのは17時ちょっと前で道路は沼田ICの手前で少しのろのろしましたが、渋滞というほどではなかったです。
スノーパーク尾瀬戸倉営業終了後
去っていく、ゲレンデキャラクター“とくま君”

関越道も渋滞なく順調に帰れました。
今シーズンは雪が豊富なのでお勧めだと思いますが、スキー場はすいていました。大丈夫なのかなぁ…。

補足

今回のリフト券はスノーパーク尾瀬戸倉のホームページでリフト券の予約をしてから行きました。(大人だけの場合、この方法が一番安いです。)


冬の山


相互リンク


リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 子供と行った山の記録. All Rights Reserved.